ペットブログでアフィリエイト!目標月5000!

ペットをネタにペットの管理費をアフィリエイトで稼ぐ方法を解説

ブログ記事の書き方のコツ

ブログが作成できたら、まずは1つ記事を書いてみましょう。

最初なのであまり気負わずに、まずは記事を書くことに慣れるために、練習のつもりでいいと思います。

 

スポンサーリンク

 

良い記事作成の目標

一応、一般的に良い記事とされる書き方の目標を記します。

  • 記事タイトルにキーワードを盛り込む
  • 文字数600以上(できれば1000以上くらい)
  • 適度に写真を挿入する
  • 目次を挿入する
  • 見出しを入れる

 

記事タイトルにキーワードを盛り込む

記事タイトルは非常に重要です。

まずは、何について書いてある記事なのかを端的に表現し、検索した人がクリックしたくなるようなタイトルがベストです。

その上で、どんなキーワードで検索された時に上位に表示されたいかを意識する必要があります。

キーワードはなるべくタイトルの最初の方に入れると効果的ですが、意識しすぎて変な日本語にならないように注意しましょう。

この記事では「記事」「書き方」「はてなブログ」という3つのキーワードを意識しています。

「記事」だけでは漠然としていますが「書き方」を追加することで、ターゲットを絞っています。それでもまだ漠然としていますが「はてなブログ」というキーワードを入れることで、ググッとさらにターゲットが絞られるという考え方です。

「記事」「書き方」「はてなブログ」という3つのキーワードで検索された時に上位にくればいいなぁという書き方ですね。

 

文字数について

文字数の考え方はいろいろ評価がわかれるところですが、あまりにも短い記事というのは情報量も必然と少なくなりますので、あまり価値のある記事という評価は受けにくいです。

最低でも600文字くらいあると、ある程度の内容になるかと思います。

文字数が多ければ多い程いいのか?となりますが、あまりに多すぎてもダラダラと文字数を稼いでいるようでは逆効果にもなります。よほど文章が良くできてないと、読む側は最後までみてくれないでしょう。

1000~2000文字を目標にするのが良いかと思います。

最初は1000文字も!?と思うかもしれませんが、何かについて真剣に語ろうとすると結構簡単に1000文字くらいにはなりますよ。

 

写真投稿

文章だけの記事というのは、いくら良いことを書いても実はあまり読まれていないと言われています。

でも、そこに写真などが挿入されていると、その周辺の記事は読まれやすい傾向があります。

良い写真がなくて記事作成が止まってしまっては意味がないので、無理に入れる必要はないと思いますが、適度に入れた方が良いということは意識しておいてください。

 

目次、見出しを入れる

「目次」「見出し」はSEO的にどのくらい効果があるのかはわかりませんが、読む側が見易くなることは間違いないです。読んで貰う為の記事ですから、読む側のことを考えて作られていれば読者に対して親切ですし、グーグルの評価は必然的に上がるはずでしょう。

 

私の場合は下記のような構成で書くことが多いですね。

いろんなブログを参照して自分が「いいな」「見易いな」「読み易いな」と感じた構成をどんどん真似するといいでしょう。

f:id:rottychan:20170702125649j:plain